日常生活での出来事などを書いています。

ほのぼの日記

日常

八重洲イブニングラボ

投稿日:2018年3月10日 更新日:

PR



上念司さんが主催する「八重洲イブニングラボ」に2年ぶりくらいに行ってきました。
上念司さんは気鋭のリフレ派の経済評論家として活躍中で、虎ノ門ニュースにもレギュラー出演しています。
虎ノ門ニュースはネットテレビは人気の番組で青山繁晴氏や百田尚樹氏、有本香さんなどの保守系の論客が勢ぞろいしています。
その中でも上念司さんと大高美貴さんの隔週金曜日の放送が再生回数が一番多いみたいですね。

3月9日の第52回に行ったのですが、今回は上武大学の田中秀臣さんと丸三証券の足立誠司さんの3人のトークセッションで、良い事聞けるかなと申し込みました。

会場は、八重洲口から徒歩15分で最寄り駅は八丁堀駅でした。
18時30分開場の、19時スタートで会場直後に入りましたがもうすでにすごい人です。
最終的には200人以上いた気がします。

開始まで時間があるので予約した「すいー鳥弁当」を食べて待ちます。
値段は580円とお値打ちです。

定刻になり、上念さんが登場し、その後田中氏と足立氏が登場しました。

アメリカの中央銀行の話や、日銀総裁の話などやところどころにブラックな話題もありあっという間の2時間でした。
日本経済は今年後半から失速するというような話が多かったですね。

それにしても、前回は数十人しかいませんでしたが、200人以上の参加者にはびっくりでした。

ちなみに八重洲イブニングラボは、丸の内朝大学を意識して名前がつけられたそうです。
丸の内朝大学とは、NPO法人が運営する丸の内で働く社会人のための勉強会です。
八重洲イブニングラボを主催する上念司さんは丸の内朝大学に敵対意識を持っているらしく「丸の内」に対して東京駅の反対側の「八重洲」、朝に対して「イブニング」、大学に対して「ラボ」という言葉を当てて「八重洲イブニングラボ」になったそうです。


PR



経済で読み解く日本史 文庫版6巻セット [ 上念 司 ]

経済で読み解く日本史 文庫版6巻セット [ 上念 司 ] 4,276円(税込)【送料込】

楽天ブックス

上念 司 飛鳥新社発行年月:2020年07月18日 予約締切日:2020年06月09日 ISBN:9784864107532 本 小説・エッセイ その他 セット本 その他

【数量限定】経済で読み解く日本史6平成時代+全6巻収納BOX [ 上念司 ]

【数量限定】経済で読み解く日本史6平成時代+全6巻収納BOX [ 上念司 ] 999円(税込)【送料込】

楽天ブックス

上念司 飛鳥新社ケイザイ デ ヨミトク ニホンシ ブンコバン ロク ヘイセイ ジダイ プラス ジョウネン,ツカサ 発行年月:2020年07月 予約締切日:2020年06月26日 ページ数:302p サイズ:文庫 ISBN:9784864107549 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・社会 歴史 日本史

経済で読み解く日本史6 平成時代

経済で読み解く日本史6 平成時代 712円(税込)【送料込】

楽天ブックス

飛鳥新社発行年月:2020年07月18日 予約締切日:2020年02月25日 ISBN:9784864107525 上念司(ジョウネンツカサ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 バブル崩壊(日銀不況と7つの事件/ターニングポイントとなった1993年/デフレの泥沼)/第2部 日本経済復活への道(度重なる失策と郵政民営化の真実/完全検証!「小泉改革で格差拡大」は本当か/リーマンショックの教訓/悪夢の民主党政権誕生からアベノミクスへ)/平成の終焉 バブル崩壊と「失われた30年」の暗い時代に停滞し、沈んだ日本。日銀と財務省の誤った金融・財政政策が、日本経済を繰り返し破壊した。経済大国の常識は根底から崩れ去り、デフレの長いトンネルとリーマンショックで14万人の自殺者を生んだ正体は「政府・日銀不況」だった。教科書が教えない「経済の掟」、お金の流れが物語る、日本通史シリーズ6。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済 人文・思想・社会 歴史 日本史

経済で読み解く日本史(1)文庫版 室町・戦国時代 [ 上念司 ]

経済で読み解く日本史(1)文庫版 室町・戦国時代 [ 上念司 ] 712円(税込)【送料込】

楽天ブックス

室町・戦国時代 上念司 飛鳥新社ケイザイ デ ヨミトク ニホンシ ジョウネン,ツカサ 発行年月:2019年06月 予約締切日:2019年04月11日 ページ数:251p サイズ:単行本 ISBN:9784864106900 上念司(ジョウネンツカサ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序に代えてーお金の流れがわかれば「歴史」がわかる/第1部 中世の「金融政策」と「景気」(明の景気が日本経済を左右した時代/室町幕府の知られざる財政事情)/第2部 謎解き寺社勢力(日本経済を牛耳る巨大マフィア/京都五山のビジネスと本願寺の苦難)/第3部 武将と僧侶の仁義なき戦い(信長の先駆者たち/吹き荒れる宗教戦争の嵐/信長の台頭と室町幕府の終焉)/あとがき 歴史教科書が教えない「経済的インセンティブ」 お金の流れがわかれば歴史がわかる。経済が発展すれば政治制度も変化せざるを得ない。貨幣量の変化を中世までさかのぼり、当時の景気循環を説明。室町幕府の衰退とともに、内乱と宗教戦争が頻発し、戦国時代に突入した原因はデフレ経済にあった。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済

経済で読み解く日本史(3)文庫版 江戸時代 [ 上念司 ]

経済で読み解く日本史(3)文庫版 江戸時代 [ 上念司 ] 712円(税込)【送料込】

楽天ブックス

江戸時代 上念司 飛鳥新社ケイザイ デ ヨミトク ニホンシ ジョウネン,ツカサ 発行年月:2019年06月 予約締切日:2019年04月11日 ページ数:275p サイズ:単行本 ISBN:9784864106924 上念司(ジョウネンツカサ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) まえがきー経済の主導権を奪ったのは名もなき一般庶民だった/第1部 飛躍的に発展していた江戸時代の経済(「貧農史観」を捨てよ!/なぜ江戸幕府はいつも「財政難」なのか?)/第2部 資本主義を実践していた「大名」と「百姓」(大名と百姓のビジネス/借金苦に喘ぐ大名、アイデアに溢れる商人)/第3部 なぜ江戸幕府は“倒産”したのか?(「民間の活力」を生かせなかった江戸幕府/明治維新の原動力となった江戸の蓄積)/あとがき 「経済力」を生かせなかった江戸時代260年間の教訓 江戸時代、経済の主導権を握ったのは名もなき一般庶民だった。幕府の経済政策が「財政規律派」と「成長重視派」に入れ替わることで起きていた好不況の波。ビジネスチャンスを求める人々は次々とイノベーションを起こし、民需による経済発展はやがて幕藩体制を崩壊へ導く。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済

経済で読み解く日本史(4)文庫版 明治時代 [ 上念司 ]

経済で読み解く日本史(4)文庫版 明治時代 [ 上念司 ] 712円(税込)【送料込】

楽天ブックス

明治時代 上念司 飛鳥新社ケイザイ デ ヨミトク ニホンシ ジョウネン,ツカサ 発行年月:2019年06月 予約締切日:2019年04月11日 ページ数:246p サイズ:単行本 ISBN:9784864106931 上念司(ジョウネンツカサ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 金本位制の時代(金本位制とは何か?/金本位制の欠陥 ほか)/第2章 難航する貨幣改革(「御一新」後も江戸の貨幣が流通していた/失敗した新貨幣条例 ほか)/第3章 経済で読み解く征韓論と日清戦争(「征韓派vs.内政派」の大ウソ/西郷隆盛の問題意識と交渉術 ほか)/第4章 経済で読み解く日露戦争(対ロシア戦費調達の苦労/外国からの借り入れ増加を警戒した明治天皇 ほか)/終章 講和反対から日米対立へー新聞と不平士族の怨念(再び恐怖の電報が届く/ロスチャイルドと水面下で連絡をとっていた高橋是清 ほか) 人々は経済的に困窮すると、過激思想に救済を求める。金本位制は通貨供給不足になりやすいデフレレジームのため、世界経済は繰り返し恐慌に見舞われ、そのたびに過激思想が台頭した。秩禄処分への不平士族の「お金の恨み」が日本を対外戦争に駆り立て、新聞に煽られた世論はやがて英米と離反・対決する道を選んでしまう。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済

経済で読み解く日本史 江戸時代【電子書籍】[ 上念司 ]

経済で読み解く日本史 江戸時代【電子書籍】[ 上念司 ] 713円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>教科書が教えない「経済の掟」が歴史を作った!<br /> お金の流れが物語る、<br /> まったく新しい視点の日本通史。</p> <p>文庫版で5冊同時発売!</p> <p>江戸時代、経済の主導権を握ったのは名もなき一般庶民だった。<br /> 幕府の経済政策が「財政規律派」と「成長重視派」に入れ替わることで起きていた好不況の波。<br /> ビジネスチャンスを求める人々は次々とイノベーションを起こし、民需による経済発展はやがて幕藩体制を崩壊へ導く。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

経済で読み解く日本史 安土桃山時代【電子書籍】[ 上念司 ]

経済で読み解く日本史 安土桃山時代【電子書籍】[ 上念司 ] 713円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>教科書が教えない「経済の掟」が歴史を作った!<br /> お金の流れが物語る、<br /> まったく新しい視点の日本通史。</p> <p>文庫版で5冊同時発売!</p> <p>織田信長は日本の統治形態を変え、戦国時代と中世を終わらせた。<br /> 画期的な経済政策は豊臣秀吉に受け継がれ、明の貨幣制度および国際貿易体制の大変化に日本はようやく追いつく。<br /> 秀吉は天下統一の勢いのまま征明を目指すが、そこには大きな落とし穴が待っていた。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

誰も書けなかった日本の経済損失【電子書籍】[ 上念司 ]

誰も書けなかった日本の経済損失【電子書籍】[ 上念司 ] 1,287円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>「ダラダラ会議」や「サービス残業」など、企業が抱えている問題。「ひきこもり」や「待機児童」「空き家」など、日本の社会が抱えている問題。その多くが解決されず、今もなお放置され続けています。これら「日本が抱える問題」は、日本経済にいったいいくらの損失をもたらしているのか。なぜ、損失は日々垂れ流されたままなのか。経済評論家として活躍する上念司が、誰も書けなかった日本にはびこる「損失」に舌鋒鋭く切り込みます。多くの人が気づいていない、「本当のムダ」を見破るための一冊です!</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

誰も書けなかった日本の経済損失 [ 上念 司 ]

誰も書けなかった日本の経済損失 [ 上念 司 ] 1,430円(税込)【送料込】

楽天ブックス

上念 司 宝島社ダレモカケナカッタニホンノケイザイソンシツ ジョウネン ツカサ 発行年月:2020年01月16日 予約締切日:2019年12月04日 ページ数:192p サイズ:単行本 ISBN:9784299000583 上念司(ジョウネンツカサ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 生活・仕事に蔓延する損失(サービス残業→長時間労働が横行した結果、多くの社員が…ノルマ未達成/ダラダラ会議→国内企業の無駄な会議にかけているコストの総額は…1兆7295億円/奨学金→リスクなき貸し先として金融機関が群がる…5210億円 ほか)/第2章 企業戦略・社会政策がもたらす損失(東京五輪→東京ビッグサイトが使用不可になる損失額は…1兆2000億円/NHK受信料→NHKが無駄に貯め込んでいる現金の合計金額は…6617億円/ネット炎上→ネット炎上保険の支払い上限額は…1000万円 ほか)/第3章 国家の戦略による損失(高齢化と年金→2055年時点の日本のGDPは…1000兆円/消費税増税→2019年10月の消費税増税によって発生した損失は…4兆円/韓国の不買運動→韓国の日本製品の不買による日本の損失は…ほぼなし ほか) ダラダラ会議から消費税増税まで、私たちはこんなに損をしていた!国民を犠牲にして損失が垂れ流される!本当のムダを見破る技術。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済

楽天ウェブサービスセンター

-日常

Copyright© ほのぼの日記 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.